最近施工した一例です。

wpid-dsc_0134.jpg

まずは高圧洗浄。埃や苔などの汚れを落とします。

今回は旧塗膜が劣化していたため、ケレンも同時に行いました。

この作業を怠ると見た目は綺麗に仕上がりますが密着不良で早期にめくれが発生する可能性大です。

wpid-dsc_0100.jpg

次は鉄部のさび止め、つなぎ目や釘の打っている部分のコーキングです。

僅かな隙間からでも水が浸入する可能性があります。

wpid-dsc_0123.jpg

そして縁切り(タスペーサー挿入)これはカラーベストの場合、内側に湿気がこもるので水抜き、乾燥させるためにあえて隙間を開けるためです。

wpid-dsc_0128.jpg wpid-dsc_0132.jpg

ここまでが下地処理、仕上がってしまうとわからないが大事な部分で、違いが出るところです。

次は下塗り。通常はプライマーやシーラーなどの密着を良くする塗料を塗るのですが、今回は元の塗膜の痛みがかなり劣化していたため屋根用カチオン系シーラーレスフィラーを塗装しました。

wpid-wp-1450353205759.jpeg wpid-screenshot_2015-12-17-21-43-02.png

次は中、上塗り。屋根用仕上げ塗料を2回塗ります。

wpid-wp-1450353150070.jpeg wpid-wp-1450353126417.jpeg

計3回塗りです。下地の状態や塗料の種類によっては4回、5回塗りの場合があります。

減ることはまず無いです。

以上で完成です。仕上がり写真が今回ありませんm(__)m

LINEで送る